SOUND ANG


カーオーディオセンター・サウンドエナジー

不可能を可能にするカーオーディオ専門店(福岡)

ドアチューニングタイトル

 

ドアチューニング

カーオーディオの音質向上の一番手はスピーカー交換です。そしてその効果を揺るぎないものにするためにはドアチューニング(デッドニング)が必要不可欠です。一般的にはデッドニング(防振)と呼ばれていますが、ドアでスピーカーを適切に鳴らすにはデッドニング(防振)だけではなく、吸音・拡散・遮音などの要素を複合的に処理していく必要があります。そのため当店ではドアチューニングというネーミングを使っています。このパッケージではお客様の予算に応じて適切な施工を行います。この適切というのは各コースで基本的な使用材料と枚数は決めていますが、ドアの構造や取り付けるスピーカーの組み合わせに応じて材料やアプローチを臨機応変に対応し、予算の中で最もパフォーマンスの高い方法を選択するようにしています。

■メニュー

  • Bコース(ベーシック) 25,000円(税抜)
  • Aコース(響き優先) 45,000円(税抜)
  • Sコース(遮音優先) 60,000円(税抜)
  • SSコース(強度優先) 90,0000円(税抜)

 

その他にもコンペ仕様や静音仕様(オーディオのためではなく静かにしたい)等、ご要望に合わせたプランも可能です。お気軽にご相談ください。

BコースPICT

スピーカー周辺の鉄板共振を抑えるデッドニングを中心に施工します。スピーカー裏の背圧処理、内張りのデッドニング、スピーカー付近の定在波抑制処理などを並行して行います。サービスホールを塞ぐことよりも鉄板の共振を抑えてよりクリアな再生音を狙っています。

 

  • Dr.ARTEX ARMOR (制振材)
  • オーディオテクニカ アクワイエ(制振材)
  • Felisoni DS1.5WP(吸音材)
  • カームフレックス(吸音材)
  • エプトシーラー(吸音材)
  • 主に上記の部材の中から組み合わせて施工します。

     

    ドアチューニング Bコース(ベーシック)

    27000
    AコースPICT

    デッドニングを少なめにし、遮音・吸音を中心とした音作りを行います。スピーカー背面の音溜まりを処理することによりスピーカー正面からの響きをきれいに再生することを目的としたチューニングです。

     

  • Dr.ARTEX VibroBarrier (遮音材)
  • オーディオテクニカ アクワイエ(制振材)
  • Felisoni C2(吸音材)
  • カームフレックス(吸音材)
  • エプトシーラー(吸音材)
  • 主に上記の部材の中から組み合わせて施工します。

     

    ドアチューニング Aコース(響き優先)

    45000
    Spict

    施工面積はドア全面です。大きなサービスホールを通しての音の侵入を防ぐために遮音効果の高いノイズレスマットを使用して穴を塞ぎます。デッドニング材にはDr.ARTEX、その他内張り等にも適度に吸音材などを使い遮音を前提として施工します。

     

  • Dr.ARTEX ARMOR (制振材)
  • オーディオテクニカ アクワイエ(制振材)
  • Felisoni C2(吸音材)
  • ノイズレスマット(遮音材)
  • ダンピングアブソーバー(遮音・吸音)
  • カームフレックス(吸音材)
  • エプトシーラー(吸音材)
  • 主に上記の部材の中から組み合わせて施工します。

     

    ドアチューニング Sコース(遮音優先)64800

    Spict

    施工面積はドア全面の施工です。SSコースではドア強度を上げてタイトでハリのあるサウンドを再生できるように施工します。サービスホールは下処理をした上でデッドニング材にて制振。デッドニング材は複数種類を貼りあわせドアを伝わる音速をコントロールしハリのある音をつくります。また付帯音を極力緩和するため適材適所で吸音材や拡散剤を組み合わせます。ドアが大きなミニバンやクーペなどには特にお勧めです。

     

  • Dr.ARTEX ARMOR (制振材)
  • オーディオテクニカ アクワイエ(制振材)
  • Felisoni C2(吸音材)
  • StP アルミ
  • シンサレート(吸音材)
  • ノイズレスマット(遮音材)
  • ダンピングアブソーバー(遮音・吸音)
  • カームフレックス(吸音材)
  • エプトシーラー(吸音材)
  • 主に上記の部材の中から組み合わせて施工します。

     

    ドアチューニング SSコース(強度優先)90000