SOUND ANG


カーオーディオセンター・サウンドエナジー

不可能を可能にするカーオーディオ専門店(福岡)

ハイレゾタイトル

 

kome

ハイレゾはCDを超える高音質スペックを持っている新しい音楽ファイルです。”ハイレゾ”という言葉、最近はいろんな情報誌やネット、新聞にも登場するオーディオ用語では一番注目されているワードです。ハイレゾの一番のメリットは当然の事ながら音の良さ。CDを超える情報量で一般的に3倍から6.5倍ほど増加します。これによりさらにリアルな音場が表現できます。アナログテレビから地デジ、さらに4Kテレビに変わるように細かい部分まで見通せるようになります。


CDはサンプリング周波数44.1kHz/量子化ビット16bitという規格のもとディスクに収められていますがハイレゾはこれとは異なります。48kHz/24bit、96kHz/24bit、192kHz/24bitなどと表します。ハイレゾファイルを手に入れるのはほとんどの場合インターネットを通じてになります。再生するための機材もハイレゾのデジタル信号をアナログ変換することが可能な物が必要となり、従来のナビやCDプレーヤーでの再生ができません。 そのため、CD-Rなどに書き込んでの再生はできません。USB/SDカード、その他のメディアプレーヤーに転送しての再生となります。また一口にハイレゾと言っても幾つかのフォーマットが混在します。FLAC,WAV,DSD...などです。それぞれのフォーマットにより音質や容量の差などがあり、楽曲を購入する際にも手持ちの機材が対応しているファイルを購入することが重要です。


ハイレゾを手に入れることで情報量が豊かになり、楽曲本来の音に近づけることができます。CDでは超えられなかった空気感や実像感がマスター本来の音を再現するかごとく、忠実に自然に得られることがハイレゾの一番の魅力です。

コメント2

 

ハイレゾを導入する方法はいくつかあります。ハイレゾの音の良さを存分に楽しめるシステムにはそれなりの機材が必要になってきますが、まずはハイレゾを車の中で楽しみたい、という時は意外と簡単に始めることができたりします。

コメント3

 

スピーカー交換などの再生環境を整えることは音質アップにとっては重要です。ハイレゾ再生で音質アップするためには66セット/99セットなどもご利用ください。


プランA

スマホやDAP(デジタルオーディオプレーヤー)からブルートゥースで音声信号をヘッドユニットに送ります。


    必要なもの
  • ブルートゥース機能があるヘッドユニット(ナビやプレーヤー)
  • スマホやDAPなど
  • スマホの機種などによってハイレゾ再生のためのアプリ(1000円前後)が必要な場合があります。
  • ハイレゾ音源も別途必要です。(お試し用の無料サンプル音源などから試していただくこともできます)

ブルートゥース機能があればそのまま接続できるのでとても簡単です。一部のナビ等では時折音途切れが発生することがありますが頻繁ではありません。音の方も問題なく普通にお楽しみいただけます。(当店ディスプレイにてブルートゥース接続でのデモが可能ですので一度お試しください)

planB

既存ヘッドユニットのAUX/外部入力とスマホやDAPのヘッドフォン端子を接続します。


    必要なもの
  • AUX(VIDEO)/外部入力機能があるナビなど
  • スマホやDAP
  • それぞれの端子にあうケーブル
    例)ミニジャックケーブルなど
  • スマホの機種などによってハイレゾ再生のためのアプリ(1000円前後)が必要な場合があります。
  • ハイレゾ音源も別途必要です。(お試し用の無料サンプル音源などから試していただくこともできます)

ナビ等ヘッドユニットのソースをAUXやVIDEOなど外部入力に合わせてご使用いただきます。車両側の端子がアクセスしやすいところであれば手軽に接続可能です。スマホやDAPでデジタル→アナログ変換をするためここで音質の差が現れ、スマホ<DAPの場合が多く、またDAPも高額なものほど高音質なD/A変換が可能な場合が多いです。(当店ディスプレイにてこの方法での接続デモが可能ですので一度お試しください)

planC

USBトランスポートで高音質デジタル→アナログ変換


    必要なもの
  • AUX(VIDEO)/外部入力機能があるナビなど
  • スマホやDAP
  • USB→RCA等のアナログ出力変換ユニット
  • それぞれの端子にあうケーブル
    例)USBケーブル、ミニジャックケーブルなど
  • スマホの機種などによってハイレゾ再生のためのアプリ(1000円前後)が必要な場合があります。
  • ハイレゾ音源も別途必要です。(お試し用の無料サンプル音源などから試していただくこともできます)

ヘッドユニットの外部入力に接続するところはプランBと同じですが、スマホやDAPからデジタル信号のまま取り出し、高音質なUSB→RCA等の変換ユニットを通してヘッドユニットへ接続するという点で音質が大きく改善されます。デジタル→アナログのD/A変換は音質の変化に大きな影響を与えますので質のいいD/Aコンバーターを有したユニットを使うことがおすすめです。ヘッドフォン用のポータブルアンプで代用できますが、カー用としてはオーディオテクニカ社のAT-HRD1AT-HRD500などが高音質でおすすめです。

planC

操作性も音質もGOOD!ハイレゾ再生対応ナビ。


    必要なもの
  • ハイレゾ再生に対応したナビ
  • SDカードやUSBメモリ
  • ハイレゾ音源も別途必要です。(お試し用の無料サンプル音源などから試していただくこともできます)

ハイレゾ再生対応のナビを使用すれば手軽にハイレゾ再生が可能です。SDカードやUSBメモリなどの対応メディアにハイレゾ音源を保存して差し込むだけ。対応ナビであればファイル形式を判断して再生してくれます。ハイレゾデーターを直接ナビにデジタル入力するため音質も劣化が少なくクリアなハイレゾらしい再生が可能です。各メーカーによりスペック等の差はあるにしても最もスマートな再生方法です。曲名表示、曲の選択などもナビの画面にてタッチパネル操作ができ、組み合わせによってはステアリングリモコンでの曲飛ばしも可能。

planC

ハイレゾ対応DSPでハイレゾ再生の醍醐味を味わう!


    必要なもの   
  • スマホやDAP
  • USB→RCA等のアナログ出力変換ユニット
  • ハイレゾ対応DSP
  • それぞれの端子にあうケーブル
    例)USBケーブル、ミニジャックケーブル、デジタルケーブルなど
  • スマホの機種などによってハイレゾ再生のためのアプリ(1000円前後)が必要な場合があります。
  • ハイレゾ音源も別途必要です。(お試し用の無料サンプル音源などから試していただくこともできます)

現在、ハイレゾ再生でハイレベルなカーオーディオを目指すユーザーの多くが構築しているシステムの代表例です。ハイレゾ対応のDSPを使い、DSP処理するまでデジタル信号のまま、そしてDSPに内蔵された高音質なDACでD/A変換を行い、とてもロスの少ないシステムです。機種によってはUSBはトランスポートを使わなくてもダイレクトにDAP等からのデジタル信号を受けることができるものもあります。

上記のプラン以外にも、ハイレゾに対応するシステム構成があります。ご要望に応じたハイレゾ提案が可能ですのでぜひご相談ください。