SOUND ANG


カーオーディオセンター・サウンドエナジー

不可能を可能にするカーオーディオ専門店(福岡)

ハイレゾタイトル

 

kome

ハイレゾはCDを超える高音質スペックを持っている新しい音楽ファイルです。”ハイレゾ”という言葉、最近はいろんな情報誌やネット、新聞にも登場するオーディオ用語では一番注目されているワードです。ハイレゾの一番のメリットは当然の事ながら音の良さ。CDを超える情報量で一般的に3倍から6.5倍ほど増加します。これによりさらにリアルな音場が表現できます。アナログテレビから地デジ、さらに4Kテレビに変わるように細かい部分まで見通せるようになります。


CDはサンプリング周波数44.1kHz/量子化ビット16bitという規格のもとディスクに収められていますがハイレゾはこれとは異なります。48kHz/24bit、96kHz/24bit、192kHz/24bitなどと表します。ハイレゾファイルを手に入れるのはほとんどの場合インターネットを通じてになります。再生するための機材もハイレゾのデジタル信号をアナログ変換することが可能な物が必要となり、従来のナビやCDプレーヤーでの再生ができません。 そのため、CD-Rなどに書き込んでの再生はできません。USB/SDカード、その他のメディアプレーヤーに転送しての再生となります。また一口にハイレゾと言っても幾つかのフォーマットが混在します。FLAC,WAV,DSD...などです。それぞれのフォーマットにより音質や容量の差などがあり、楽曲を購入する際にも手持ちの機材が対応しているファイルを購入することが重要です。


ハイレゾを手に入れることで情報量が豊かになり、楽曲本来の音に近づけることができます。CDでは超えられなかった空気感や実像感がマスター本来の音を再現するかごとく、忠実に自然に得られることがハイレゾの一番の魅力です。

コメント2

 

ハイレゾを導入する方法はいくつかあります。今あるものを使って手軽に導入するパターンから、音質にこだわったもの、操作性の良いもの、いくつかご紹介します。

コメント3

 

スピーカー交換などの再生環境を整えることは音質アップにとっては重要です。ハイレゾ再生で音質アップするためには66セット/99セットなどもご利用ください。


一番簡単な方法です。コスト面でも抑えられます。純正のナビもしくは社外ナビの外部入力・AUX・VIDEO端子を使い、ここにハイレゾ信号を入力します。入力端子はほとんどの場合RCAかミニジャックですのでこれに対応したケーブルを用意します。一部メーカーでは専用ハーネスもありますがその場合はそれに対応した変換部品などを使います。


ハイレゾを再生する装置はDAP(デジタルオーディオプレーヤー)もしくはスマートフォン・ダブレットなどです。使用するDAPやスマホ・タブレットのヘッドフォン端子と車のナビ等のヘッドユニットの外部入力端子を調べて適合するケーブルで接続するだけですので一番簡単です。


    この方法のメリット
  • 簡単
  • スマホなどの手持ちの機材で始められる
  • コストが安い

ナビなどの外部入力を使うので音質が悪くなると思いがちですが実際は組み合わせるDAPやスマホなどの音質に大きく左右されます。デジタル信号をアナログに変換するD/Aコンバーターが良い機種ではハイレゾらしさをしっかりと再現してくれます。その点ではスマホ等よりもDAPの方が有利といえます。

プランA
    必要なもの
  • 外部入力機能を備えたヘッドユニット
  • スマホ・タブレット・DAP
  • ミニジャック・RCAなどの接続ケーブル

プランAより、場合によっては簡単です。ややコストがかかります。


オーディオテクニカのUSBメモリーなどのトランスポートなどを使うことで高品質にハイレゾファイルをアナログ化します。


USBトランスポートを使用するためにその分のユニットやケーブルなどのコストがかかります。


    この方法のメリット
  • 外部入力がある機種であれば既存のヘッドユニットが利用できる
  • ヘッドユニットを替えないためコストが抑えられる
  • プランAに比べてリーズナブルなDAPやスマホでも音質アップの差が大きい

調整機能が優れた機種を使えばハイレゾだけではなく調整による音の良さの恩恵も受けられるのでより音質アップに繋がります。またフロント3WAYのマルチシステムなどを構築する場合には別途DSPなどが必要になるので他の方法を検討することも必要です。

プランB
    必要なもの
  • ハイレゾ対応のヘッドユニット
  • SDカード/USBメモリなど

プランAに似ています。今お手持ちの外部入力付きのヘッドユニットにアナログ入力をします。違いはその手前のデジタルをアナログに変換する部分です。


オーディオテクニカのUSBメモリーなどのトランスポートなどを使うことで高品質にハイレゾファイルをアナログ化します。


USBトランスポートを使用するためにその分のユニットやケーブルなどのコストがかかります。


    この方法のメリット
  • 外部入力がある機種であれば既存のヘッドユニットが利用できる
  • ヘッドユニットを替えないためコストが抑えられる
  • プランAに比べてリーズナブルなDAPやスマホでも音質アップの差が大きい

既存システムへの追加という形になるので比較的導入しやすいプランです。音の要はUSBトランスポート。オーディオテクニカでAT-HRD1[15,000円税抜]とAT-HRD500[70,000円税抜]の2機種があります。リーズナブルに楽しめるHRD1とハイスペックで本格的なハイレゾに対応できるHRD500です。

プランC
    必要なもの
  • 外部入力を備えたヘッドユニット
  • USBトランスポートなどのD/A変換ツール
  • スマホ・タブレット・DAP
  • 接続に必要なケーブル類

DAPやスマホ・タブレットでハイレゾファイルを再生し、USBトランスポートでCOAXや光などへ変換しDSPへデジタル入力するプランです。最終のDSPまでデジタル伝送し、デジタルのままDSPにて音質の調整まで行うため高品位なハイレゾ再生が可能です。使用するDSPはデジタル入力が必要です。


コストはかかりますがハイレゾの性能を最大限引き出せるシステム構築が可能です。


    この方法のメリット
  • ハイエンドなハイレゾシステム構築が可能
  • デジタル信号をDSP部まで直接伝送するのでスペックをフルに活かせる

いろいろとユニットが必要だったり、ケーブルもシステムにより必要になりますが、これぞハイレゾ!と呼べるようなクリアなサウンドを手に入れることができます。

プランD
    必要なもの
  • デジタル入力を備えたDSP
  • USBトランスポートなどのD/A変換ツール
  • スマホ・タブレット・DAP
  • 接続に必要なケーブル類


※上記以外の方法としてUSBトランスポートを使わずにダイレクトにDSPへデジタル入力できる機種、もしくはオプション追加で可能になる機種もあります。

ご要望に応じたハイレゾ提案が可能ですのでぜひご相談ください。